メンテナンス、体と道具の準備

2018年12月26日

人工降雪機のおかげで、日々ゲレンデオープンの便りが聞こえてきます。この時期は何かと浮足立ってしまいます。
用品の販売店では季節商品の入れ替わりが終わり、冬一色といった感じです。店頭の商品を手に取ってみたりしてるだけでも楽しいものです。必要なものだけ購入しに行ったつもりが、ぜんぜん関係ないものにまで目移りしていたりして。

物欲を抑えるのが大変です。買える人・必要な人は買ってくださいね。新品はいぃものだし、交換部品は必要ですから。準備をしっかりとして、良い状態でシーズンインしたいですね。

そんな私はというと、準備万端とまではいけていませんが、予習も兼ねてここでチェックしていこうと思います。

シーズンインまで出来ることは沢山ある

大きく別ければ「体の準備」と「道具の準備」でしょうか。
道具に関してやること、まず。「ソールのチェック」ひどい傷があったり、白く酸化しているようでしたらお店にチューンナップに出しましょう、適宜ストラクチャー等も。次に「エッジのチェッ」エッジが欠けてる・バリが出てる・丸まってる等あれば研いだり、削ったりしましょう。
出来ない道具がない人はお店にチューンナップに出しましょう。
ソールもエッジも完璧な人は、暇さえあれば「ワックスを掛けましょう」去年の板なら初滑りまでに2・3回くらいでもいいんじゃないでしょうか。初心者の方もホットワックスじゃなくてもよいので、ワックス掛けくらいはやっておきましょう。

あと、ステッカーチューンとかしてあげると更に愛着が沸きます。結構効果大です。

次、金具(ビンディング)。「ビスの取替・増締め」ビスを替えるのは容易ですが板のインサートホールは簡単にはいかないので気になるようなら取替える。
ストラップのチェック」ベースやハイバックにヒビや折れがあるのはもう寿命です安全面を考えて買い替えましょう。特にアンクル側だけでもチェックして予備パーツがあるとよいです。金具は現場で実際つかっている段階で壊れることが多いため、長く愛用している物は予備パーツを仕入れておいたほうがよいです。

一番重要と思われるブーツですが「臭い対策」くらいですかね。ここは人それぞれなので、拘る人はインソールやインナーまで多岐に及ぶため一概には言えない。新品のご購入でしたら、実際履いて屈伸したりしてフレックスを馴染ませたり金具とのフィッティングを調整したりです。

ここまで、私の中では最低限のラインです。人によりますのであとはシーズンインまでの時間とお金と労力のバランスです。ただ出来るだけの事をやってあげれば、道具もそれなりに応えてくれるし、自分も安心です。

道具の準備を整えつつも、体の準備もしてゆきましょう。日々走ったり、ストレッチしたり常にコンディションに気を遣っている方もいらっしゃることでしょう。私も以前はジムに通って下半身のトレーニングや走り込みをしたりしてました。

しかし、大きい筋肉ってトレーニングを怠ると落ちやすいように感じます。その年のシーズンインで感じたのは、他の人よりちょっと余分に本数滑れたかな、ぐらいだったと思います。他人よりたくさん滑れるのはイニシアチブになりますがそもそも何と戦ってるのかってことになります。

最近歳のせいか筋力も付きづらくなってきました、なので、柔軟性を保つよう心がけています。トレーニングもコアマッスルというか、体幹系を意識するようにしてます。アスリートでもロングプレーヤーはその辺を意識してますものね。なんにせよ一日には成らないですが。

それじゃあどうしろって言うの?ですよね。

これからの体の準備として意識して欲しいのは「股関節周り」「ハムストリング」「肩甲骨周辺」の柔軟をしていく。です、筋トレはやらなくて良いです。関節の可動域が増えれば自ずとその部位の筋肉を使えるようになります。

肩甲骨周りは毎日やってれば比較的早いうちに効果がでます。股関節周りは膝への負担を和らげ、ストレートでのスタイルも出しやすくなることでしょう。ハムストリングを柔軟に保てば疲労による腰痛を軽減できるでしょう、特に日本人はここの部位は弱いですから。

そして、柔軟・ストレッチというものは、関節を温めるようにゆっくり・時間をかけて・息を止めずに行います。正しく出来ていれば軽く汗をかきます。このへんはシーズンインしても続けてもらいたい部位です。

あと、体の準備として実践していただきたいのが、体調管理です。漠然としてますね、じつは排便に関してです。これは一日を滑走に費やすにあたって。朝、快便をすることから受ける恩恵は計り知れないのです。

体が軽い・寝起きが良い・ノンストップで行ける・昼飯が上手い・・・等々。シーズンインを前に不規則な生活を送っている方、規則正しい生活スタイルを心がけましょう。私が実践していることは、

その日のうちに寝る・朝晩コップ一杯の水を飲む・深呼吸(腹式呼吸・ヨガのファイヤーブレス)をする。時間がなくてもこれは欠かさないようにしています。

メンタルの準備は誰でも出来る

そして、例外ではありますが「メンタルの準備」があります。準備というか、シーズン初めからとばさずハイシーズを楽しめるように。時間配分や挑戦をコントロールするというか、シーズン初めからガッツリいって怪我したり。

テンション上がりすぎてシーズン前には燃え尽きてたり。なんてならないように自分のコントロールと。何かひとつ目標を設定する事で自分にとって来るべきシーズンをより意味あるものに出来ます。

「去年できなかった技をメイクする」「去年滑れなかった斜面を攻略する」なんでも簡単なことでよいです。

「道具・体・メンタル」ここまで準備し設定出来れば良いシーズンインを迎えれると思います。やる事一杯ありますね。でもこれも私にとっては楽しみですが。

 

  • 「道具の準備」~お金をかければなんとでもなります。
  • 「体の準備」~気づいた時から始めましょう。継続に意味があります。
  • 「心の準備」~実は一番大事、メンタルのコントロールが出来れば道具と体のギャップも補えます。

<端境期> コタツ布団の洗濯

初夏の陽気 休日の朝、いつもよりチョットお寝坊さん。 カーテンの隙間から朝日が差 ...

<100均>ペットボトル加湿器

100円均一での300円商品としての威厳 百円均一には度々訪れますが、久しぶりに ...

脱初心者 バッジテスト3級合格のポイント

3級とは バッジテストの各級は独立して存在しているものではありません。3級であれ ...

脱初心者 バッジテストよくある疑問

バッジテストというと堅苦しいイメージがあります、検定会といわれるように、実際受験 ...

マックアース攻略 三ヶ所目

年末の降雪からこっち新たな補雪もなく、暖冬予報が真実味を帯びてきているのを実感し ...

初心者

Posted by youcyan