マルチツール レザーマン ウェーブ

2018年12月31日

長年の相棒 レザーマン ウェーブ

こいつとの付き合いは20年ぐらいになると思います。
単車に乗っていた頃、アウトドア志向のバイク雑誌(今はもうない)で紹介されているのを見て無性に欲しくなり通販で取り寄せて購入しました。購入までの情報収集、購買方法などの流れが既に現在と違う事に気付かされ出会いから現在までの時間の流れを感じます。
当時ポケットマルチツールといえば真っ赤なボデーの「ビクトリノックス」の十徳ナイフが当たり前でした。レザーマンのステンレスボディーと奥に秘められたプライヤーの写真からの印象は、本当に使えるマルチツールと感じました。

【レザーマン ウェーブ(LEATHERMAN WAVE)】
現在もベーシックなモデルとして販売されています。私の物と比べるとツールの種類が違うものが見受けられます。時代と共に進化を感じます。(現行との相違点は、ポジドラ→ビットタイプ、ネガドラ小3種→ヘキサゴンに変更されてます。別売りでビットキットが販売されてます、ポジ・ネガ・ヘキサゴン・トルクスと飛躍的に汎用性があがります。)

  

トラブルがあった時、適材適所な工具があるのがベストなのですが、そんな時に持ってて助かったと思えるものが、マルチツールの存在意義だと思います。ツールを使いこなすにはテクニックも必要ですが、力を伝達することのできるサイズ感が必要です。携帯性を重視してあまりにも小さいと性能を発揮できない。手に持って扱うとなるとこれぐらいのサイズは必要です。
触っていると、全ての装備が掌で扱いきれるスペックになっていることがわかります。使えるべくして使える道具を備えているといったところです。

  

最近は減りましたが、長い年月所持してきて助けられた思い出はあります。
単車のクラッチワイヤーのタイコが千切れた時、ワイヤーを引っ張って応急処置をした。キャンプ場で蛇口のハンドルが取り外されていて、プライヤーで開閉した。デイキャンプでホールトマト缶を開けた。ゲレンデ規制用のPPロープを切断した。爪を切ったあとヤスリで磨いた。
まだまだありますが、思い出すと結構出番がありました、もちろん屋外です。全て狙って持って行ったわけではなく、機能を理解していただけです。EDCアイテムとしては今までかなり助けてくれていました

使う人を育ててくれる レザーマン

こういった道具は、専用品には敵わないのですが、機能を有するからには同等の性能とそれを扱える知識が必要です。ただ弄っていれば機能とポテンシャルはわかってきます、予想される状況にはそれに応じた専用品を持っていかれるでしょう。実際に助けられた経験から、アクシデントに対応できる可能性を上げることがレザーマンはできます
特に気に入っているのは「ハサミ」の小気味良さと、振出し系パーツのロック機構です。金属の性質を知り尽くしているからこそ、成し得たつくりです。ハサミに関しては適度なバネ感で開いてくれるのでリズム良く操作できるので、文房具より敢えてこちらを使いたくなるほどです。南京錠のマークは、Googleさんに「保護されてない通信」を指摘されているようで、先見の明すら感じさせます。

  

  

正直、現行モデルを手にしてみたい気持ちはあります。しかし私は今所持しているレザーマンと添い遂げたいです。あなたがもし、本物のマルチツールをお探しならレザーマンをおススメします。現行型は現代にマッチした進化を遂げ、年月を経ても愛着が無くならない事は約束できます
未だにグリップを握りしめると、ヒンヤリとした金属の感触からくる質実剛健さと、面取りされたグリップのカーブの触感から優しさを感じます。

<端境期> コタツ布団の洗濯

初夏の陽気 休日の朝、いつもよりチョットお寝坊さん。 カーテンの隙間から朝日が差 ...

<100均>ペットボトル加湿器

100円均一での300円商品としての威厳 百円均一には度々訪れますが、久しぶりに ...

脱初心者 バッジテスト3級合格のポイント

3級とは バッジテストの各級は独立して存在しているものではありません。3級であれ ...

脱初心者 バッジテストよくある疑問

バッジテストというと堅苦しいイメージがあります、検定会といわれるように、実際受験 ...

マックアース攻略 三ヶ所目

年末の降雪からこっち新たな補雪もなく、暖冬予報が真実味を帯びてきているのを実感し ...