マックアース攻略 二ヶ所目

2019年1月5日

近場のお初ゲレンデへ

今シーズン二回目にして、マックアース提携スキー場二か所目となります。
チョット遠いスキー場ですが、下道で参ります。朝四時起床で八時到着予定。久々に気合を入れて出発です、お初のスキー場なので、予定経路も事前にチェックしてあります。峠を越え、標高を揚げるごとに道路が白くなっていきます。空が白んでくるとお仕事の方々の車とすれ違う、年末の忙しい時期ご苦労様です。

追いすがる車は、サッサと行かせてマイペースを崩さず現場到着。7時半、降雪と駐車場の積雪量から車内でゴソゴソ着替えをして準備を終えて、チケット交換をしようと周りを見渡すがそれっぽい建物が見当たらない・・・。
やはりお初のゲレンデ、初心者のころに逆戻り。初心者の方ってこの段階からどう行動してよいのかわからないのですよね。ここは特に、駐車場の看板はあったがそれ以降なんの表示もなく、準備は出来たがどうしようか立ち竦んでいました。
駐車場を挟んで小川の向こうを、従業員の方々が歩いている。取り敢えず彼らを追えばよさそうだ。数百メートル緩い傾斜を登っていくとゲレンデとレストハウスとおぼしき建物を発見、間違いなかったのでホッとする。

ゲレンデインプレッション

駐車場からここまでの道のりは、アップにはちょうど良い距離ですが。除雪が間に合わないと、初心者や小さいお子様連れは一仕事かな、と感じます。
早速チケットゲットのため、チケット小屋の女性に聞いてみると。駐車場に入る手前で交換してこなければならなかったようです。その場でチケットとシーズン券を引換てもらえました。本来の引換所とのやり取りを聞いていると。どうやら、この事例は頻発しているようで、早目の対処をしないと、余計な仕事が増えるばかりだな、と感じた。
リフト運行までちょっと時間があるのでレストハウスでお水でも頂く。アコーディオンカーテンで仕切られている入口を覗くと、そこは体育館だった。意外な光景に驚いたが何か落ち着く雰囲気だ。

乗り場に人が集まり始めたので、行動に移す。ゲレンデマップで予習をしてわかったのは、ペアリフト二本のみで、3・4本の滑走で全コース制覇できそうだ。

リフトで登りながらキョロキョロする。左に広大な緩斜面が広がる、歴史のあるゲレンデらしく横幅があり爽快な景色だ。右からリフト下へオフピステコースがある。前日に喰われまくっているがその後の積雪で若干リセットされている、このコースはチェックポイントだ。降り場が近づくと右手に幅も長さも十分な均一なバーンが広がっている。こちらはもう一本乗り継いでゲレンデ最上部から回す形になる。
一本目は最上部から圧雪バーンを滑ってみる。中緩斜面だが幅と距離と片斜面が少なく、これだけの規模の均一性のある斜面は初めてだ。基礎練習にはもってこいのバーンです。アイシーな時に滑りたいです。
再度最上部へ、今度は途中見えたオフピステを経由して最下部まで。本日ノートラックだが中々荒れてる、斜度も充分で地形変化を利用しトラバース気味に降りてみる。板の走りが悪い、ワックス剥いでなかった。散々道具の手入れを語っておきながら。しかし刺さることもなく無事乗り場まで。そりゃそうです、ずるい板での出陣ですから。

三本目も最上部から上級者コースへ、初めの林間コースがたるいが直ぐに途中リフトへめがけて、オフピステが現れる。出だしが馬の背気味で先が良く見えない、ワクワクする。雪質と荒れの程度はわかったので、突っ込み気味に行く。端の方のまだ食われてない所を探して滑る、探せばまだありそうだ。
四本目は先ほどの場所から更に下に向いてオフピステを攻める。一回、地に底付きする嫌な感触があったが、まだまだ残っていた。
多分これで全コース制覇したんじゃなかろうか。こっからは、ひたすらオフピステを回す。なぜか殆ど人が入ってこないのである。確かに斜度があるし、まあまあのあれ具合だ、リフトからみても恐ろしいかもしれない。しかし、私はこの柔らかい荒れたバーンは結構好きです。



人の散り具合を見ながらバーンを選んで滑っていましたが、結局殆どオフピステばかり滑ってました。初めは二時間ぐらいで飽きるかなと思ってましたが、昼までほぼノンストップで滑ってました。

私的評価
【ゲレンデ☆五つ・再訪度☆四つ・施設☆二つ】
リフト二本でここまで遊べるスキー場は貴重です。施設の充実度はあまりよくないですが、滑る事に関しては必要十分かなと感じます。滑走者のすみわけも自然に出来ていて、ファミリーから上級者まで楽しめます。小さいお子様連れは色々厳しい面もありますが、雪山とは何ぞや、を教えるにはよい場所ではないかと思います。
こういったスキー場を絶やさないよう、マックアースさんには頑張って頂きたいですね。次はカチカチのゲレンデの時に来てみたいです。

<端境期> コタツ布団の洗濯

初夏の陽気 休日の朝、いつもよりチョットお寝坊さん。 カーテンの隙間から朝日が差 ...

<100均>ペットボトル加湿器

100円均一での300円商品としての威厳 百円均一には度々訪れますが、久しぶりに ...

脱初心者 バッジテスト3級合格のポイント

3級とは バッジテストの各級は独立して存在しているものではありません。3級であれ ...

脱初心者 バッジテストよくある疑問

バッジテストというと堅苦しいイメージがあります、検定会といわれるように、実際受験 ...

マックアース攻略 三ヶ所目

年末の降雪からこっち新たな補雪もなく、暖冬予報が真実味を帯びてきているのを実感し ...