乾燥肌の私の痒み止め

2019年1月5日

私、多分乾燥肌です。特に普通のかたより湿度変化の影響を受けやすいように思います。
夏場は汗っかきの体質なので、お尻の上の汗だまりのあたりや靴下のゴムのあたりが痒くなったり、汗疹になります。冬場は肘や手の甲や背中がムズムズしてきて粉が吹くまで掻いてしまいます。
ここ数年の夏の暑さは異常で、外仕事をしていたら水分摂取をした端から汗が噴き出してきて、汗のかきすぎで股ずれになってしまいヒリヒリ痛くてまともに歩けなくなったことがあります。

夏場はマメに下着も替えないといけませんね。

肌と下着の相性 綿の肌触りが好き

下着といえば、ヒートテックを筆頭に老いも若きも、高性能インナーを着ている方が増えているのではないでしょうか?夏場でしたらクール~とかドライ~みたいな、繊維の構造や織り方で色んな商標になっていますが、素材の表記を見ると殆どがナイロンやポリエステルなどの化学繊維です。
100%化繊の下着は速乾性が良く軽くいい事ずくめのように感じますが、「濡れるとへばり付いたり」「乾燥すると帯電しやすい」と肌感覚からはとても違和感があり。私の場合は化繊と棉等の天然繊維の割合が5:5~7:3ぐらいの物を選ぶようにしています。
クリーニング屋さんの知り合いに聞いたことがあるのですが、「レーヨン」の表記があるものは避けた方がよいかも、と聞いてからは買い物をするとき繊維の表記もみるようになりましたね。

肌の痒みが衣類の材質に起因しているかはよくわからないのですが、長い間濡れていたり、肌が乾燥しやすい状況が続くような着合わせを減らすのが重要かとおもいます。
余談ですが、私入浴時に固めの垢すりで体をゴシゴシ擦る癖があります。体中を一皮剥いて生まれ変わった様な気になってるからですが、これもあまり肌に良くないようです。

痒みは寝食さえ削る

さて、それでもやはり肌が痒くなります。
気を抜くと風邪をひくのと同じように考えてはいるのですが、「痒み」は人間にとってもっとも苦痛な感覚の一つとまで言われています。
確かに私にも思い当たるエピソードが御座います。山で草刈りをしていたとき、スズメバチに手の甲を刺されました。痛みは一瞬だったのですが、手はドラえもんのように腫れ上がり腫れが引くまで痒みが止まらなかったです。梅雨時期に藪漕ぎをしていたときに蛾の幼虫(毛虫)に刺され、胸から腕にかけて肌が苦瓜のようになって猛烈な痒みに見舞われました。
どちらも夜寝付けないくらいの痒みだったのを覚えています。ムヒやキンカンを塗った程度では屁の突っ張りにもなりません。このことから、自然界に於いても「痒み」という感覚は耐え難い苦痛として存在しているのだと感じます。

私の場合、衣類や温湿度管理をしたとしても完璧は不可能と感じ、痒みを感じたら早めの対処をするように心がけています。我慢しても長引くだけだし、反射的に掻き毟ってしまうものですから。
私の知りうる限りでの最強の市販薬「ムヒαEX」ですら最強の痒みには敵いませんでした。何か私を助けてくれる救世主はないものか。知り合いの看護師の方に訴えかけた所、後日「これ使ってみて下さい」と手渡されたもの。

ヒルドイドローション」皮膚に適度な水分を保持させ乾燥や刺激などから皮膚を守ることで湿疹などの発生や悪化を防ぐ
ヘパリン類似物質外用スプレー」保湿作用と血行促進作用があり、皮膚の乾燥性症状を軽くし、使用部位の血行を促進、血行障害に基づく痛みや腫れを軽くする

ヒルドイド、ヘパリン

「ヘパリンスプレー」の方はべとつかないので、部屋で知らぬ間に体を掻いてるときなど使えるよう常に手の届く所に置いてます。
「ヒルドイドローション」は保湿性が高そうなので外出前とかに気になる部位にシッカリ塗っておいたりしてます。
どちらもマメに対処しておけば痒みも収まり長引かないのでとても助かってます。

これから大気が乾燥する時期になるので冬の間はお世話になります。

<端境期> コタツ布団の洗濯

初夏の陽気 休日の朝、いつもよりチョットお寝坊さん。 カーテンの隙間から朝日が差 ...

<100均>ペットボトル加湿器

100円均一での300円商品としての威厳 百円均一には度々訪れますが、久しぶりに ...

脱初心者 バッジテスト3級合格のポイント

3級とは バッジテストの各級は独立して存在しているものではありません。3級であれ ...

脱初心者 バッジテストよくある疑問

バッジテストというと堅苦しいイメージがあります、検定会といわれるように、実際受験 ...

マックアース攻略 三ヶ所目

年末の降雪からこっち新たな補雪もなく、暖冬予報が真実味を帯びてきているのを実感し ...