初心者 ゲレンデに立つ前に出来る事

2018年12月28日

道具の準備が万端ならば、スタートラインを優位に出来る

初心者のかたで、ウェアなり板なり道具を揃えている方。ゲレンデに行く前に道具の手入れをしておくことで、上達の早道になったり、現地でストレスなく滑走できるので、道具の準備をしておきましょう。
何かを始めるにあたって、「道具から入る=始める前に買い揃える」のはある意味、よい事だと思います。何故なら先に買い揃えてしまうことにより、絶対に諦めないという自覚になるからです。

ゴルフや釣り、何らかの遊びやスポーツは少なからず道具を扱い、その恩恵を受けています。ランニングなんかでも専用のシューズにした方が膝への負担も少ないし、疲労してきてもシューズの軽さから足が上がります。「道具の準備」とは即ち、「道具の機能を理解し、性能を引き出すための手入れをする」ことで御座います。

では、マテリアルごとに出来ることをやっていきます。

所有するアイテムを確認

「ウェア」を真っ先に揃えた方。

鏡の前で試着してみます、着こなしはスノーボードに於いてステータスです。あなたの選んだデザインや配色に合ったニット帽やグローブなどをチョイスしましょう、ここは嗜好性もあるので一概にはいえませんが、私は無難な路線=数年着ても外さないようなデザインと配色で選んでます。

機能面を見てゆきます、最近のウェアは多機能です。ポケットが沢山付いていることでしょう、ゴーグルを入れたり、Ipodを入れてコードを引き出せるようになっているかも。ストームゲーターがパンツとドッキング出来る物もあります。脇や内股の辺りにチャックがあります、寒い日は締めましょう。ビーコンや水筒まで付いてます、そのうち必要になるかも。
多機能なぶん、ゲレンデに出る前に弄っておけば必要な機能が選択でき、すぐに取り出せます。必要ないチケットホルダーを買わなくて済みます。

重要なのは防水性能です。知り合いのお古を譲ってもらった方、防水スプレーで対策しておきましょう。現場で即席でスプレーするより事前に、表面に満遍なく浸み込ませ、時間をかけて乾かしたほうが効果が上がります。

まず、「滑走用具」を揃えた方。

「ブーツ」、真っ先に手に入れるべきアイテムです。
滑走用の靴下(長めで厚手の物)を装着して玄関で履いてみましょう、そして徐に踵をガンガンしましょう、踵落としです。新品で購入された方は「BOA」ダイヤルがついています力の限りガリガリ回します、「シューレース」のタイプも一緒です力の限り引っ張ります。
足首がロックされましたか?では、屈伸をします、フルにスクワットしなくても良いです、脛を押して足首を曲げるように力の掛け方を意識します。特に新品のブーツはフレックスがぎこちないので、あたりを出しておいてあげます。
まだ、脱がないで下さい。出来れば30分くらい履いたままテレビでも見ましょう、脚が局所的に痺れてきたりしませんか?この段階で耐え難い苦痛があるようでしたら購入したお店に相談しましょう、実滑走してなければクーリングオフが可能な場合があります。
ほとんどの方は短時間の試履きしかしておらず時間経過と共に不具合が顕在してきます。このブーツとの相性でゲレンデに立つとかなりの苦痛を強いられます。ブーツ選びは最重要課題です。
初心者向きのブーツについて触れている記事です。

「ビンディング」、もしブーツをお持ちでしたらフィッティングの調整をしておきましょう
ブーツをある程度縛った状態でビンディングに合わせてみます、アンクルのストラップをブーツの曲がっている辺りに沿うように調整し、長さをラチェットを固く締めこんだ状態で真ん中に来るよう調整します。ハイバックはブーツの前傾角に沿うように調節します。
板をお持ちでしたら板へのセットをしておきましょう自分のスタンス(レギュラー・グーフィー)で板の上に立ちます、自分のイメージで肩幅ぐらいのスタンスをとってみます、その時の両足間の長さと左右の脚の向きの開き具合を参考にビンディングを板にセットしてみましょう。
難しかったら板の推奨位置がしめしてある場合があります、その位置でも良いですし、単純に見た目で板を三等分出来るぐらいの位置にセットしても良いです、向きも前足+6°~15°・後足-6~0°で良いです。

「板」、見ていて一番テンションが上がるアイテムですね。デッキ面は綺麗に拭いてあげましょう。デッキパットを貼っておくと初めのうちはスケーティング時のボード操作を助けてくれます、貼る場所は後足(レギュラーだったら右足)のビンディングの内側です。
ソール側のチェックは「エッジ」にバリがないか、軽く触ってみてギザギザしてないか確認してみます。ソール面が白く毛羽立っていないか。どちらか気になる事があるようでしたら、お店にチューンナップに出すことをおススメします。
問題なければ時間をみてはワックス掛けをしましょう、スプレータイプの簡易WAXで良いので、薄く伸ばしてキッチンペーパーを固いものに巻いてゴシゴシ擦ります。
簡易ワックスの手順と必要なものについて触れてる記事です。

どれか当てはまるアイテムをお持ちでしたら手入れをしてあげましょう。「革製のグローブ」でしたら革靴用のミンクオイルを馴染ませるとか、「おさがりのブーツ」でしたらマメに消臭スプレーをして乾かす等日常で思い当たる事でもよいです。

何か一つ、自分の持っているアイテムに愛情を注げてあげる。道具を手入れしてあげれば応えてくれます。あなたを助けてくれます。折角の自分の道具です、手入れしてあげれば愛着もわきます

<端境期> コタツ布団の洗濯

初夏の陽気 休日の朝、いつもよりチョットお寝坊さん。 カーテンの隙間から朝日が差 ...

<100均>ペットボトル加湿器

100円均一での300円商品としての威厳 百円均一には度々訪れますが、久しぶりに ...

脱初心者 バッジテスト3級合格のポイント

3級とは バッジテストの各級は独立して存在しているものではありません。3級であれ ...

脱初心者 バッジテストよくある疑問

バッジテストというと堅苦しいイメージがあります、検定会といわれるように、実際受験 ...

マックアース攻略 三ヶ所目

年末の降雪からこっち新たな補雪もなく、暖冬予報が真実味を帯びてきているのを実感し ...

初心者

Posted by youcyan