初心者 道具の購入

2019年1月2日

初めに手に入れるべきギア

滑れるようになると、自分のギアがほしくなりますよね。ギアを傍らに置き、明日のトリップを想像しながら一杯やるのが至福の時間です。板にステッカーチューンしたりして自分色に染めるのも、マイギアでの楽しみ方のひとつです。
お金に余裕がある方なら、ショップにお任せでフルセット購入が無難です。専門の人が最新のギアをセレクトしてくれるので間違いがないです。逆に、ボードセット、3点セットで¥19,800なんてのもあります。最近のセット品は見た目にかんしては、「如何にもセット品」て感じがなく、所有満足度は良いように思います。

ギアの買い揃え方は人それぞれ

道具の値段の差は、初めのうちはわからない、感じられないはずです。使い込んでいき、自分のレベルも上がってこないと感じにくいです。高価なギアを専門店で購入するということは、「ギアのセット」「チューンナップ」など新品のギアを滑れる状態にしてくれる事等のサービスの部分も大きいのです。お店によっては購入者を対象に初心者レッスンをしてくれる所もあります。そうです、この段階でスノーボードは始まっているのです。



では、安価なセット品はダメなのか。滑る為の機能や初心者を対象とした作り込みは出来ています。メーカーの方も努力されていると感じさせられます。昔はジュニア用のギアなどは、聞いた事のあるブランドでさえ、長さやサイズを子供サイズにしただけで、子供が扱う事を前提にした、操作性やフレックスを持ち合わせていない物が多くありました。
安価なセットを購入するにあたって重要なのは、その後のガッツと努力が必要ということです。板のチューンナップや道具の正しいセットを調べて実践しなければなりません。私もワクシングを始めたとき、中古のアイロンを買ってきて表面のテフロンを剥がして使ってました。
安価なセットでも、正しい手入れをしてあげれば、本来の性能を発揮してくれます

道具の購入の仕方も、お財布事情とやる気の違いで人それぞれですが、私がおススメしたい道具の購入の第一歩は、「ブーツとパンツ」をまずは揃える、です。但し前提としてそれなりの性能を備えたもので価格重視ではない事です。この辺りの説明をしていきます。

まずブーツを手に入れる理由

滑走系のスポーツでブーツ等の足元のギアが合ってないと上達しないと、真しやかに語られています。確かにその通りで、脚の動きを板に伝える為に存在します、サイズが合わないブーツはシッカリ縛っても足だけが動いて思うように道具を操作できません。また、この「サイズが合う」という言葉が曖昧で、靴のサイズに合わせるだけで自分の脚にあったサイズに巡り合うことは滅多にない事です。逆に、サイズを小さくし過ぎるのはもっと問題です。短時間の試履きでピッタリフィットで完璧とおもっても、実際ゲレンデで使うと長時間になるので痛みが出てくることもあります。痛みのあまり、滑るどころではなくなります。それでも無理して長期間使用していると、外反母趾のような症状になりかねません。
レンタルのブーツは、「防水性のない長靴」みたいな物もあります。シーズン終盤の春先のレンタルブーツは臭いもなかなかです。

まずパンツを手に入れる理由

ウェアに着替える意味は、「防寒と防水」のためです。ただ最近はウェアの上着は登山用と同じ発想で天候や気温に対して着る物や枚数を変える、レイヤリングでカバーすることが一般的です。実際、登山用のシェルで滑っているひとが多いです。パンツも同じ発想ですが、初心者のうちはよく転びます、万が一転ばなくてもスノーボードの場合、お尻や膝など局所的に雪面に接することが多いです。自ずとその部分は濡れます、なので、最初のうちから耐水圧の高い良いものが必要になってきます。
また、自家用車で移動するのであればウェアーのパンツを履いていることで、ゲレンデについてからの行動に差が出ます。なので、パンツは移動時にも違和感のない普段着に近い色合いが良いでしょう。春先や暖かい時などウェアーを必要としない天候のときなどは、パーカーなどの普段着とも合わせやすくなります。
ウェアの防水性能は使用頻度と共に下がってきます。レンタルでは、割と新しめのパンツでも回転率が良ければ、それだけ酷使されていて思ったよりも早く水分が浸みこんできたりします。

おススメのモデル

では、初心者の方で選ぶべきブーツとパンツを紹介してみます。
【DEELUXE 18-19 Choice】

choice  choice2

日本人ライダーも多く抱えているブランドです。DEELUXEといえば、サーモ(熱成型)インナーというぐらい有名なので、こちらのモデルもちょっとお高くなりますが、サーモインナーのタイプを選びましょう。紐を引っ張って締めるシューレースのタイプなので私的にもおススメです。しかも足首を個別に締められるのでホールドもよさそうです。快適で操作性のよいブーツを知るのにはよい選択ですね。「ジブ・パーク・フリースタイル適応」とは、柔軟性が高いということです。
【FLUX 18-19 FL-BOA】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2019 FLUX フラックス FL-BOA ボア スノーボード ブーツ メンズ【JSBCスノータウン】
価格:27972円(税込、送料別) (2018/12/24時点)

楽天で購入

 

 

flboa2

日本人の足形に合ったブーツを製造してきた国産ブランド、CROSS FIVEが先シーズンよりビンディングメーカーFLUXと社名を統一して生まれ変わったブランド。変わらず、日本人向けのプロダクトを生産している。他社に比べ、どのモデルも柔らか目のフレックスに感じる。このモデルは、アッパーとアンダーのシェルが1ピース構造だが、「簡単・確実・快適・機能性」を謳っているので、初めて使う前に動きを馴染ませてあげるとよさそうです。
【241 GORE-TEX DENIM PNT】

241  

「241」、ノースフェイスやヘリーハンセンをもつGoldwin傘下のブランド。DENIMとGORE-TEX、ナチュラルな風合いと高機能の融合を実現したデニムパンツ。デニムの堅牢性とゴアテックスの高い防水透湿性により、雪山と日常をシームレスに行き来するためのスノーボードパンツ。実際にゴアテックスの3レイヤーなので、考えられる最高クラスの防水透湿性能を有しています。

趣味・趣向もあるので、軽く紹介しましたが。選択の拘りは
ブーツは、「日本人向けの足型を採用」「紐による編み上げでないこと」「比較的柔らか目のフレックス」です。
パンツは、最低でも「耐水圧20,000㎜以上」移動も含めて「普段着に近い配色」長時間でも疲れない「細すぎないシルエット」です。今回はデニムのみですが、チノパン風やアースカラー系もよいのではと思います。

<端境期> コタツ布団の洗濯

初夏の陽気 休日の朝、いつもよりチョットお寝坊さん。 カーテンの隙間から朝日が差 ...

<100均>ペットボトル加湿器

100円均一での300円商品としての威厳 百円均一には度々訪れますが、久しぶりに ...

脱初心者 バッジテスト3級合格のポイント

3級とは バッジテストの各級は独立して存在しているものではありません。3級であれ ...

脱初心者 バッジテストよくある疑問

バッジテストというと堅苦しいイメージがあります、検定会といわれるように、実際受験 ...

マックアース攻略 三ヶ所目

年末の降雪からこっち新たな補雪もなく、暖冬予報が真実味を帯びてきているのを実感し ...

初心者

Posted by youcyan