脱初心者 バッジテストよくある疑問

バッジテストというと堅苦しいイメージがあります、検定会といわれるように、実際受験すると緊張します。たまには適度な緊張の中滑るのも悪くありません。
特に1・2級に関しては、このような検定会形式「スキルチェック式」による受験のみとなります。
検定形式のため、一種目に対して一滑走を決められたエリアで行います。そのため距離や巾スタート場所やゴールエリアに関する決め事や規制をしないので、一般滑走者と混走する場合があります。
「事前講習」というかたちでルール説明のようなものを各級一回は受講しなければなりません。なので、検定会は午後に行われる事が多く事前講習は午前中に行われます。「事前」なので受験日以前に受講することをおススメします。その方がアドバイスも多くもらえ、検定までの練習時間もとることが出来ます。
ルールや指定があるとやたらその辺に固執してしまいがちですが、判りにくい部分もあるので、事前講習時に講師に質問して納得しておきましょう。受験時に本来の自分の滑りが出来ないようではいけないので、予習も兼ねて、よく理解しにくい部分の説明をします。

【統一ルール】
各級違いはありますが、最大三種目「小回り・大回り・総合滑走」を行います。演技するエリアは小回り・大回りは巾30m距離100m、総合滑走は距離が延び200m。目測でスタート地点2本、ゴール地点2本をポールで囲います、この中で滑走演技を行います。更にゴールに2本のポールで四角いゴールエリアを囲います。

注意点とコツ
スタート時はスタートポール間の(仮想)ラインより山側(上)からスタートします。この時、他のお客さんが多く滑走しにくい場合は座ったり手を付いて待って良いです。行けると思った時に起ちあがり手を上げて滑走の意思表示をしましょう。
ゴール時は前(上側)2本のポール間を通過し停止動作をします、エリア内で停止しましょう。しかしゴール時のルールは絶対ではありません。まず、前2本のポールを通過せず横から入っても減点対象にならないケースがあります。滑走中に他のお客さんをよけるため、停止或いはターン弧を調整し、本来の軌道から外れてゴールせざる負えない場合です。又、停止もスタート時と一緒でスノーボードは立って止まるのが困難な乗り物です(二輪車みたいに)、なのでゴール時に完全停止ではなく、しっかりとした停止動作と安全なスピードへの減速が重要です。

【大回り・ロングターン種目】
ターンの作り方の上手さが判る種目です、各級指定回転数とカービング要素に対する運動で表現していきます。
注意点とコツ
大回りはスピード(外力)が必要です、初速を得るためプレターンを行います(直滑降気味から山廻りでターンの切っ掛けをつくる)ここから切り替えて1ターン目の谷廻りをつくる所が採点の始まりとなります。「1ターン目の谷廻りの作り方」を検定員はよく見ていて、直滑降からの一連の動きは採点基準にならないが滑走者にとっては後の演技に影響が出やすいです。また、直滑降といっても板を本当のフラットにしなくても良いです、エッジをとられやすいのでプレターン方向のエッジに軽く乗り気味での直滑降からはいるのが良いです。

大回りは雪質や板のサイドカーブで理想のカービング弧を描こうとするとサイズが決まってきます。受験者が増えれば滑走ラインが掘れてきたり、他のお客さんとの接触を回避しなければならずターン弧を変えざるを得ない場合は多々あります。他の滑走者との接触は必ず避けて下さい、そうすれば、検定員も採点に考慮してくれます。

【小回り・ショートターン】
ズレとキレを内力主体で行うカービング要素。理解できてないとただの暴走になってしまいやすい。
注意点とコツ
小回りはコントロール性を見ていきます。なので、初めの数ターンでリズムとフォールスピードを作って後はリカバリーの連続になります。雪質と荒れ方で自分の技術ではコントロールできないフォールスピードにならないよう心掛けます
ターンの数や落下してくるスピードが速ければ加点がでるとは言い切れません。そういった方はゴールエリア内で停止出来ないか停止線より遙か前で停止動作せざるを得なくなります。
大回りと違ってラインの選択肢は多いはずです、荒れの少ないフォールラインを選ぶのもショートターンのコツです。

【総合滑走・フリーラン】
バーンに応じてのターンの組み合わせ方や運動に捉われない滑走能力の高さが重要。
2種目以上の演技構成を前提に行います(大小ターン弧が違えば2種目)その中で荒れを利用してトリックを入れたりするのはエリア内であれば自由です、ただしカービング要素=スピードが前提にあります、減速が大きいと加点要素として拾われない場合があります。
そもそも、地形変化が少ないバーンを選んで行われますが、探せば落ち込みや馬の背になってる斜度変化等があります。戦略としてその辺を読んでターン弧の大小を選ぶと全体的にスピード感のある演技構成もつくれます。

【その他】
・リーシュコードは必須だと思った方が良いです、場合によっては受験できない場合があります。
・バッジテストは拾うテストです、細かいミスも原因から判断します。大きな転倒でもしない限り検定員は合格点が出る方向に判断します。もし、自己評価とかけ離れた採点の場合は着眼点とズレた滑りをしている可能性があります。客観的に滑りを見直すために検定員にアドバイスをもらいましょう。
・結果発表時の点数は、各検定員整数で採点しています(二審ニ採)。少数点(0.5点)の表記があって合格点に足らなかった場合、惜しい結果であり、滑りは間違ってないとおもって良いでしょう。
・混雑時の事前講習同時受講は昼食を採る暇がない場合があります。おにぎり等の軽食を準備した方が余裕が出来ます。

<端境期> コタツ布団の洗濯

初夏の陽気 休日の朝、いつもよりチョットお寝坊さん。 カーテンの隙間から朝日が差 ...

<100均>ペットボトル加湿器

100円均一での300円商品としての威厳 百円均一には度々訪れますが、久しぶりに ...

脱初心者 バッジテスト3級合格のポイント

3級とは バッジテストの各級は独立して存在しているものではありません。3級であれ ...

脱初心者 バッジテストよくある疑問

バッジテストというと堅苦しいイメージがあります、検定会といわれるように、実際受験 ...

マックアース攻略 三ヶ所目

年末の降雪からこっち新たな補雪もなく、暖冬予報が真実味を帯びてきているのを実感し ...

初心者

Posted by youcyan