脱初心者 バッジテストについて

スノーボード「バッジテスト」をご存知でしょうか。

バッジテストとは?
1級~5級までのレベルごとにスノーボード滑走のレベルチェックをする技術認定テストです。1級に合格するとインストラクターの受験資格が得られます。
また、2級~5級のどの級からでも受けられますが、2級以上はJSBA会員登録が必要です。会員登録は1年中受け付けています。なお、バッジテストは公認・認定スノーボードスクールで行われています。
JSBAより引用

追記:1級より上位の資格にインストラクター受験資格とは別に、ハイクウォリティ技術認定制度「TECH.TEST」があります。1級所持でインストラクターには興味がない方には、上位級として技術向上の契機になります。
スキーでは以前からある、「テクニカル・クラウン検定」と同じと思って良いでしょう。

楽しく滑れるようになってくると、自分より上手な人の滑りが気になります。上手な人は基本が備わっています、客観的に自分の滑りはどうなんだろう。バッジテストを受験することで、自分の滑りを客観視し次にやるべき指標が見えてくるかもしれません。
また、パトロールやインストラクターのような雪上でスキー場の仕事がしたい、という方には、バッジテストは通過しなければならない登竜門みたいなものです。



では、バッジテストではどのような事をするのでしょうか。

バッジテストでは、級別に規定の滑りをしてもらいます。
基準に基づいた滑りが出来ているかを公認検定員が判定していきます。
また3級~5級の検定は、レッスンの中で判定する「レッスンチェック式」での受験もできます。
JSBAより引用

レッスンチェック式」とは、検定会のような一人ずつ、ワンチャンスでの滑走を評価される形式ではなく、レッスン時間内でチョットチャレンジしてみる事が出来る評価方式です。スクールレッスンを受講中にインストラクターから提案されたり、自分からインストラクターの方に進言してみてもよいです。
受験が目的であれば、緊張して本領が発揮できない方や、一回失敗しても時間内でしたらインストラクターのアドバイスを受けながら何回もチャレンジ出来るので、レッスンチェック式をおススメします。

各級の種目と着眼点

大体の方は、連続でのターンが卒なく熟せるようになると、我流でやってきて本当にいいのかとか、もっと上手になりたいという気持ちが芽生えてきます。そんな方は3級から受験されると良いのではと思います。
上級になってくると、滑りの質に運動要素が絡んできて、上手な人でも指定外の滑りで、合格がでないことも多々あります。この辺りは独学や感性で上手になった人には理屈を自分の滑りにリンクさせるのに苦しむところです。
今後、各級を順に追って攻略方法を探っていきたいと思います。

<端境期> コタツ布団の洗濯

初夏の陽気 休日の朝、いつもよりチョットお寝坊さん。 カーテンの隙間から朝日が差 ...

<100均>ペットボトル加湿器

100円均一での300円商品としての威厳 百円均一には度々訪れますが、久しぶりに ...

脱初心者 バッジテスト3級合格のポイント

3級とは バッジテストの各級は独立して存在しているものではありません。3級であれ ...

脱初心者 バッジテストよくある疑問

バッジテストというと堅苦しいイメージがあります、検定会といわれるように、実際受験 ...

マックアース攻略 三ヶ所目

年末の降雪からこっち新たな補雪もなく、暖冬予報が真実味を帯びてきているのを実感し ...

初心者

Posted by youcyan